現実的でお得なゴールドカードを語ろうと思う

dカードゴールドで利用できる羽田のカードラウンジがやたらスタイリッシュだった

大阪から飛行機で東京に行きますと、羽田に着陸するわけですが、便によってはカードラウンジが利用できるんですね。
伊丹のカードラウンジがエリア外にあってどこにあるのかわからないような代物だったので、羽田のラウンジに入ってみるとやたら豪華にスタイリッシュに見えてしまうんですね。落差があるわけです。

その羽田のカードラウンジを少し見てみましょう。

まず、入り口ですね。

羽田 カードラウンジ

右側に受付があります。受付で、dカードゴールドと登場チケットの類を見せます。

dカードゴールドで入れるのかなと不安になり、他のカードを出しそうになりましたが、頑張ってdカードゴールドを出しました。

やはり入れました。

羽田 カードラウンジ

入りますと大きな机が並んでいます。みなさん本を読んだり、ごはんを食べていらっしゃいます。

窓際には、カウンター席もあります。机の下に間接照明があったりして、その辺のカフェよりはお洒落にしています。

飛行機が見える一人用の席もあります。

どこに座ろうか迷いますね。

空港ラウンジ

奥の方のひとり用のソファにしました。電源もあります。ここで、パソコンやらスマホやらの充電をします。一番の目的はだいたい充電だったりします。家でしてこいという話もありますが。

充電のあいだは、フリードリンク(ただの飲み物)を飲みます。この辺がお得なんですよね。

空港とかでドリンクを飲みと高いなので、dカードゴールドで空港ラウンジに入れるというのは思ったよりもお得なんですよね。国際線だとお菓子もあります。柿の種があって日本を出発する前に食べるという話はまえにもしたような気がします。

場所を決めたらドリンクを取りに行きましょう。

羽田 カードラウンジ

ドリンクサービスカウンターもデザインされています。

イタリアにカルロ・スカルパという建築家がいますが、スカルパを意識したようなカウンターのデザインです。

一番奥はコーヒーマシンになっていて、カプチーノも飲めます。

ドリンクサーバーを拡大してみましょう。

羽田 空港ラウンジ

コーヒーやオレンジジュースや牛乳が並んでいます。

手前に見えるものはなんでしょうか? 飲んでみましょう。

青汁でした。羽田のカードラウンジには青汁があるんですね。健康になってしまいそうです。驚きました。

このラウンジには、フリードリンクの他にも、雑誌が置いてあったりします。

一度、出ても、また入れるとのことですので、時間がある時は便利です。

 

関連記事

伊丹空港の空港ラウンジの場所はエリア外なので注意 / 大阪国際空港のカードラウンジ
dカードゴールドでも空港ラウンジは使えます
dカードゴールドでJALサクララウンジが利用できる裏技